花の画像

髪・肌を傷めない白髪染めとは


白髪染めは頻繁に行わなければならないので、いいものを選びたいと思う人が多いと思います。
白髪染めも今はいろんなメーカーが、それぞれの効果を競いあっています。
そんな中で最近は、化粧品でも食品でも「無添加」というフレーズの商品をよく見かけるようになりました。
無添加という言葉は一般社会にも浸透しており、無添加=安全と思う方も少なくないのではないでしょうか。
では無添加とは、一体どういうものを指すのか?良く学びしっかりと成分を理解した上で、自分にあった白髪染めを探しましょう。

化粧品の無添加とは

2001年の薬事法の改定により、配合している全ての成分を表示することが義務づけられました。
それまでは、アレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例が認められた、102種類の「化粧品表示指定成分」だけが表示を義務づけられていました。
その多くが石油から合成された成分で、香料や防腐剤、合成界面活性剤などが含まれています。
無添加化粧品とは、これらの102種類の「化粧品表示指定成分」を含んでいないもののことを指しています。
しかし、「化粧品表示指定成分」が制定されたのは、1980年と30年前の事であり、その間に旧表示指定成分の中でも、安全性が高まったものもあれば、逆に新しく登場した成分の中には、安全性が不確かなものもあり、旧表示指定成分が本当に確かなものとは言えないのが現状です。
つまり、無添加化粧品=安全と一概にはいえないということです。
石油系成分の問題が指摘されるようになり、消費者のニーズに伴い、化粧品メーカーの研究は天然由来へと移行する会社も増えいます。
しかし化粧品の基準を定めた厚生労働省所管の薬事法という法律では、無添加や自然派の定義について基準は設けていません。
あくまでも、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性がある、旧表示指定成分といわれる成分を除いたものを、無添加コスメとして表現する場合が多いようです。
この他にもパッケージなどに記載されている成分表記以外でも、使用されている成分があることをご存知でしょうか。
植物などの原料から成分を抽出する際や、抽出した成分を長期間保存するために、表示されていない成分が使用されているのです。
これは、キャリーオーバー成分と言われ、法律上で表示の義務はありません。
組み合わせによっては、発ガン性や環境ホルモンなどの問題にもつながる成分であったり、安全とは限らない、肌に負担があると分かっている成分を使用したとしても表示の義務はないのです。
このような商品を見分けるためにも、自分自身でメーカーに問い合わせたり、調べるほかないのです。

商品を選ぶ際に

化粧品の場合は、防腐剤とかいてあると、肌に悪いと思いがちですが、防腐剤が入っていなければ、化粧品にカビや細菌が繁殖しやすくなり、そのような化粧品を使うことで、かえって肌トラブルが引き起こすこともあります。
仮に防腐剤が入っていないとしたら、早く使いきらなければならないでしょう。防腐剤がはいってもいないのに、そういった記載がない商品は少し不安を感じるものです。
無添加だから身体に良いと安心せずに、かわりにどのような成分が使用されているのかを自分で確認することが最も重要です。
無添加の基準というのは非常に曖昧でしっかりとした決まりがありません。
無添加化粧品を使ったのに、肌が荒れたという場合は、ただ肌に合わなかったのか、もしくは何が無添加なのか、成分をよく見ずに購入していないでしょうか。
一番安全な化粧品選びは、成分を把握するということから始まるといえます。
無添加化粧品=安全ではありませんが、だからといって、無添加と記載されてある商品が悪いといえません。
成分が詳しく記載されていない商品には注意が必要です。特に刺激に弱い敏感肌の人は化粧品選びには注意しましょう。

旧厚生省によって定められた102種類の成分には、合成界面活性剤、アルカリ剤、防腐殺菌剤、 酸化防止剤、エモリエント剤(油分を補ったり、皮膚を柔らかくする)、紫外線吸収剤、乳化剤、消炎剤、ホルモン類、毛根刺激剤、色素、香料などがあります。
しかし、2001年の薬事法改定によって化粧品は全ての成分表示が義務付けられました。
大切なのは、「無添加シャンプー」ということだけで安心せず、書かれている説明や成分表示をチェックして、自分自身で判断することです。
そのためには、日頃からアレルギーや肌トラブルを起こしやすい成分についての知識をつけておくことが重要となります。
特に敏感肌の方やアレルギーをお持ちの方は気をつけなければなりません。